So-net無料ブログ作成
検索選択

会社を作るか個人事業主になるかの選択 [起業と転職]


スポンサーリンク

起業するとして、会社を作るか自営業にして個人事業主になるかの選択は、重要です。

私は、会社を作ることを絶対的におすすめします。

漠然としたイメージとしては、会社を作るのはお金がかかったり、設立手続きが複雑だったり、経営がややこしいように思うかも知れません。また自営業(個人事業主)だと、何となく安定しないイメージを持つと思います。

いろいろ情報を集めた方は、会社にするか個人事業主になるかの比較を調べたと思います。そして、どこもそれぞれのメリット、デメリットが書かれていて、迷うと思います。

ネットの情報や自己啓発本などでは、会社と個人事業主を比較はしていますが、明確にどちらかを勧めていることは余りないでしょうが、私は会社を作らないのであれば、起業の意味がないというくらいの勢いで、会社を作ることを勧めます。それも株式会社です。

今は株式会社と合同会社のどちらかを作れます。大きな差はないので、どうせ作るなら株式会社でしょう。

株式会社を作るデメリットを個人事業主として自営業を始めることと比較すると・・・

(1) 初期費用が20万円ほどかかる。
  会社を登記するための費用が20万円ほどかかります。

(2) 社長の給料を頻繁に変えられない。
  一度社長(代表取締役)の給料を決めると、原則1年間は変えられません。

(3) 会社設立であちこちの役所に行かなければならない。
  税務署、労働基準監督署、年金事務所、市町村役場などで各種手続きが必要。

(4) 出資者に対して提示する趣意書などを作る。
  出資者が必要な場合、出資してもらうための説明書などを作って説明する。

の4点です。

(4)に関しては全額自分で出資する場合は必要ありません。
個人事業主の場合、自己資金が足りないときは借金することになりますので、借入先を探すことを考えればデメリットとは言えないかも知れません。

その他の漠然としたデメリットに対しては

会社を作るのはお金がかかる・・・確かに20万円ほどかかりますが、大きな金額とは言えないと思います。

設立手続きが複雑・・・設立登記に必要な書類作成は、1万円以内で外部委託できます。

経営がややこしい・・・個人事業主でも経理事務は必要で、毎日の事務負担に大きな差はありません。決算・申告のときの作業は会社の方が負担が大きいですが、税理士に頼むこともできます。

会社を作るには、このようなデメリットがありますが、メリットは個人事業主と比べると大きいものがあります。
デメリットとメリットを比較すると、圧倒的に会社を作るメリットの方が大きいです。

どうしても個人事業主から始めたいという方も、後で法人化すればよいわけですが、後で法人化するのなら最初から会社にした方が二度手間にならず、事業に集中できます。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

スポンサーリンク

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。