So-net無料ブログ作成
検索選択

会社の作り方マニュアル 1 [起業と転職]


スポンサーリンク

起業を決心したら、自己資金を300万円以上貯めます。
この段階では、具体的に資金がいくら必要かは考える必要はありません。

その自己資金の貯め方は、最初に目標を作って、それに従って貯めます。
例えば、今手取りが月15万円なら、住居費5万円、生活費5万円、貯金5万円とし、年間60万円を貯金。ただし、年間10万円は遊興費などで使うので、実質貯金は年間50万円。300万円貯めるには6年間。というように目標を作ります。

このように目標を作り、それを達成していくということは、経営者として大切な資質です。

これ(目標と計画を作ること)ができなければ、起業しても失敗します。

起業すれば代表取締役になるわけですから、開業資金を貯めるというミッションは、そのための最初の訓練になります。

計画通りに行くこともあれば、そうでないこともあります。予定外の出費はよくあることです。計画通り行かないときは、その原因を確かめて目標を修正することも必要です。起業してからも全て計画通りに行くわけではありません。臨機応変に計画を見直し、最良の選択をすることは大切です。

ただ、計画通り行かないことが何回も続き、いつまで経っても資金が貯まる目処がつかないようなら、起業はやめましょう。そういう人は起業しても失敗します。

何年間かかけて、開業資金が目標額に達したら、起業は成功する可能性が高くなります。
また、その何年間もの間、起業を諦めなかったという意志力も、起業成功の大切な要素です。

開業資金が貯まる半年ほど前になれば、具体的に何をするか、どうやってするか、具体的に開業資金はいくら必要かを考えますが、それまでは、そういうことは考える必要はありません。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

スポンサーリンク

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。